Entries

地方の力

東京で開催された日本自治創造学会 研究大会に出席してきました。



臨時会が予定されたので、1日だけの参加となりましたが、選挙一色だった頭を議会活動に向ける良い機会になったと思います。

特に今回は、名古屋市長の河村たかし氏や、横浜市長の林文子氏のお話も聞けるとのことで、楽しみにして行きました。河村節は強烈で、内容自体には賛否は分かれるでしょうが、今後の自治体のあり方として、個性ある街、選ばれる街づくりの必要性は共感するところです。

数名の演者の方々に共通していたのは、今回の大震災により、多くの社会・経済活動は大都市圏だけで成りたっていなかった事実への警笛です。

中央大学の佐々木信夫教授は東電生産電力の都内生産量は3.5%、その電力の多くは地方圏に依存されていることを例示されていました。

以前にお会いした官僚の方が、“地方圏の方は都市圏の財政力に支えられ、一世帯あたりに見合わないインフラ整備の恩恵をうけている”と表現されていましたが、そもそも生活者の多様性が経済の多様性と、強さを生んでいることを見せつけられたのではないでしょうか。

今後の復興・復旧の方向性はいまだ不透明ですが、街の声とともに自らの街自らで守り、新につくりあげて行こうとする、被震災地での首長(知事・市長・町長)や議会の姿は、地方自治の将来に大きな勇気を与えてくれています。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/630-a737e3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR