Entries

そりゃないよ獣医さん

昨日、農業委員会の担当職員歓送迎会が行われました。選挙が重なっていたこともあり、この時期になってしまいましたが、大震災後の農業への影響等についてお話する良い機会にもなりました。

話題になったのは福島原発事故。

福島原発事故で警戒区域に指定された住民の一時帰宅では、わずか2時間の滞在時間の中で、必死に牛を探す姿が報道されていました。

一時帰宅で牛を見つけても、連れていくことは出来ないとわかっていても、「べー、べー」と呼ぶ姿は、酪農家の方々の強い誇りを感じます。酪農家出身の妻も涙ぐんでいましたが、ペットに対する愛情とは違う想いがそこにはあります。

愛されるのはペットですが、酪農家の方にとって牛は、命であり、生活なのだと思います。補償されるから、別の牛で良いというものでもありません。別の土地を用意されたから、新たに同じ品質の酪農業をはじめられるものでもありません。「人」が「命」を育てているからです。

管首相は、発電量に占める自然エネルギー比率の20%引き上げを明言されました。鳩山前首相は温室効果ガス25%削減を明言しました。この二つの言葉は、互いに同じエネルギービジョンがあっての言葉なのでしょうか。

また、農業生産~加工にも大きなエネルギーを使用しています。食糧自給率の向上とエネルギー政策が矛盾することなく、まさしく「国策」がこれからどのような方向性を導くのか、大きな関心があります。

「そりゃないよ獣医さん – 酪農の現場から食と農を問う」 岡井健 (著)では、酪農現場からみた農業の今と未来が、臨場感たっぷりに描かれています。ぜひ、一度読んでいただきたい本です。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/634-53486da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR