登別市議会議員 辻󠄀ひろし

わくわくしました?

週末2日間のフェスティバル わくわく広場が無事に終わりました。室蘭工業大学夢工房や日本工学院の学生の方々が、昨年以上に、お手伝いに来ていただき、頼もしい限りでした。

我が家の子ども達も2日間、全力で遊び、昨夜はグッタリしていたようです。今日は私も心地よい疲労感の中で仕事をしています。。。たくさんの方々にご協力と、ご参加をいただき、ありがとうございました。

さて、わくわく広場2日目の昨日は、半日ほど会場を抜けて(夕張希望の杜・理事長)村上智彦医師とお会いしていました。

地域医療のみならず、まちづくり全体に対し、政治と市民、行政が持つべき役割意識のあり方について、お考えを聴くことができました。村上医師は以前より、市民が街で愛着をはぐくみ、街の現在と未来に責任を持つべきとの論議を訴えてきています。

ご縁で、9月に市P連の研究大会に講師としてお招きできることになりましたが、PTAが学校組織だけでなく、街の資源としての機能も果たしていることを、皆で考えるきっかけになればと期待しています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック