FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

児童養護施設と子育て政策

厚生労働省の専門家委員会が、児童養護施設の職員配置引き上げを案を示したそうです。

現状、小学生以上6人に職員1人から、小学生以上4人に職員1人とする案です。政治の影で戦後一度も配置基準見直しが行われていない児童擁護施設に眼が向けられつつあるのかもしれません。

相変わらず、財源手当てに根拠は示せませんが、「子育て政策」という対象者を曖昧にしてしまうこれまでの政策よりも、ただ子ども達の為を考えた「児童福祉政策」には共感できます。

おススメしたい本が出版されました・・・・・

「いつか見た青い空」りさり著


幼少期を児童養護施設で暮らした著者が当時の思いを描いた本です。
子ども達の心情と、そこに関わる大人の反応が丁寧に表現されており、子どもに寄り添うことの難しさや、大人の矛盾を考えさせられます。コミックですので、高校生でも読みやすいですよ。

著者のブログ(リンク)もぜひ拝見してみてください。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック