Entries

66

66回目の終戦記念日を迎えました。

我が家の子ども達も、“戦争”というものに少なからず感じるものが出てくる年齢になってきました。

自身の子どもの頃を思い返すに、学校や家庭から教わる“戦争”は“恐怖”として教わっていました。

大人になり、子どもが生まれ育っていく中で、戦争を通じて取り巻く人間の愛情や、それを叩き潰す現実など、様々な事実に関心と想いが廻らうようになってきました。

戦争は恐怖だけで片付けられるものではありません。もちろん、子ども達に今それを感じてもらうことは難しいでしょう。それでも、終戦記念日を通じて、子ども達には自身で考え、感じてもらえるような平和教育を望みます。

最近では、各自治体で行われている戦没者追悼式について、遺族の高齢化や出席者の減少を理由に廃止論が出てきていますが、私はあまりにも一元的な見方に違和感を感じています。

終戦記念日や戦没者追悼式の意義を、その出席者数や、世の関心度合いだけで推し量ろうとする風潮が少なからず出てきていることにこそ、恐怖を感じます。。

終戦記念日は何の日かを考えるとともに、何をする日にしたいかを、自らが考えていくことも大切だと思うようにもなりました。その点において、ここ数日のテレビ番組や新聞報道からは、マスコミとしての自らが考えている役割意識と想いを強く感じています。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/662-028eda14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR