Entries

電子媒体の活用

昨日から、平成22年度の決算審査が始まっています。

私は、市史資料として利用価値の高い文章・写真をデジタル化した事業について質疑しました。

以前に、町村時代の議会議事録や、その他の写真等が保管されている場所を視察した際に、雨漏りなどにより資料が傷んでいる状況が確認されたので、一般質問をしたことがあります。結果的に、それらの資料をスキャナーによる読み込みでデジタル化することで、劣化を防いだ永年保存が可能な状態となりました。

しかしながら、当市には電子媒体で保存されている文章等についての管理規定がありません。資料価値の高いデジタル資料は教育委員会や市民生活グループなどにもありますが、それらを統一的に管理する体制には至っておらず、各グループに任されている状況です。

今回の質疑においては、、、、
?市民・子ども達が街を知る資料として活用できるよう、広く一般公開できる仕組みづくりを検討する。
?電子媒体による文章等についても、管理規定が適用されるよう、見直しを図る。
以上の2点が確認されました。

一般業務における行政文章の大部分は電子媒体になっているにも関わらず、管理規定が十分に整理されていない点については、早急に対応しないと、紛失や情報流出の可能性が高いままとなってしまいます。

今週金曜日まで続く決算委員会ですが、午前10時~午後5時過ぎまで行われていますので、お時間のある時に議会中継をのぞいてみてください。。。。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/684-38fb5452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR