登別市議会議員 辻󠄀ひろし

そなえーる

千歳市防災学習交流センター「そなえーる」を視察してきました。
     

建設費用21億円(防衛省補助75%、市負担25% )で建設され、平成22年4月Open。地震体験コーナーや、屋内訓練室などが整備されている他、周辺にはヘリポートや野営生活訓練広場(平時はキャンプ場)なども整備されています。

大震災以降は、関心の高まりとともに、利用者が前年度比で倍以上の5万人に増えたようです。私が訪ねたときも、本州の議員や、町内会団体などの方々が利用・視察されていました。防災意識を高める知識普及を目的とした、各種体験設備はかなり“豪華”です。

私が興味をもったのは、「屋内訓練施設」。消防本庁の整備については、当市の懸案事項ですが、特に、訓練施設の不備も問題とされています。

これまで私は、訓練施設と消防庁舎はセットで整備するものと考えていましたが、避難所機能も含めた屋内施設を別に整備できないか検討することも可能と思われます。

特に、自衛隊と共同で利活用できるような屋内・屋外訓練施設であれば、防衛省の協力も得やすいかもしれません。今後、細かな仕組みを調査してみます。

         
煙避難体験コーナー

         
屋外避難器具の利用体験もさせていただきました。

利用料は無料。消防団や町内会等の研修に活用させていただくこともできそうですね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック