FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

自由行

登別室蘭交流会に行ってきました。

講師は札幌で旅行会社「北海道藍空旅遊社」を経営されている、石川めぐみ氏。

中国での観光事情について詳しいお話が決めました。いくつかの要点は・・・・


団体パック旅行が主流だったが、個人発行ビザの要件緩和、個人マルチビザ解禁などにより、個人客が増加・滞在期間も長期化してきている結果、個人は自由に動く際のガイドブック「自由行」も2~3年で急増している。

中国人観光客が日本旅行に求めているのは、言語も重要だが、もっとも大切なのは「情報」。北海道に対して「美しい」「おいしい」「良品質」のイメージは強く定着しているが、実際に何が楽しめるのか具体的な提案を求めている。最近はネットによる自己発信に加え、SNSの普及もめまぐるしい。

看板などへの中国語表記は時折、間違えた表記があるので、必ずネイティブによるチェックを行った方が良い。札幌の人材派遣会社も中国人留学生の派遣などに力をいれてきており、中国人留学生自身も滞在中の雇用を求めている。

中国内の出身にもよるが、内陸部出身の中国人にとって、海に対するあこがれは強い。東京から北海道まで、日程を割いても船での移動を望む方もいる。海から魅せるアプローチも研究する価値はある。

講演の後は、小笠原市長、青山市長、石川氏によるパネルディスカッションも行われましたが、両市長ともまちづくり視点の強い方々ですので、観光振興に対する想いも強いようです。

私も久し振りに室蘭市のまちづくり関係者の方々ともお話ができて、有意義な会になりました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック