Entries

時候の挨拶

おもしろいものを見つけました。

実は、公職選挙法では下記のとおり、時候の挨拶状を政治家が出すことは禁止されています。

(あいさつ状の禁止)
第147条の2 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。


ですので、ブログや後援会だよりを発行するときに、「当選御礼」「新年あけましておめでとうございます」と明確に表現することは避けてきました。

しかしながら、大府市議会 鷹羽登久子議員さんのFBから一部引用させていただくと・・・・


ぎょうせい刊「選挙関係実例判例集 第十六次改訂版/選挙制度研究会編」にて
「問 インターネットのホームページに年賀のあいさつ文を掲載することは、禁止されるか。また、選挙人に年賀のあいさつを電子メールで送ることはどうか。 答 いずれも禁止されない」(平成8.12.24 神奈川県選管あて回答)
とあります。

すると、ホームページやブログはもちろん、フェイスブックやツイッターでもOKということですね。他にも、クリスマスカードは時候の挨拶状禁止に抵触するが、「敬老の日や成人の日のあいさつ」は含まないそうです。

あくまでも総務省から選管への回答ですので、判例ではない点には注意しなければなりませんが、議員の立場からすると、なんとも面白い回答です。

公職選挙法は、選挙期間中のブログ・ホームページの更新を「文章図画の頒布」になるので禁止されていたり、当選後に後援会員やご支援いただいた方々にご挨拶することも、そのやり方によっては「選挙期日後のあいさつ行為の制限」に抵触したりと、実社会の常識とかけ離れた法律になっています。

様々な選挙倫理違反の事例がこのような法律をつくっていったのでしょうが、もう少し一般社会にわかりやすい法律を目指すことも必要ですね。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/712-7e2c3bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR