fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

民間登用

10月30日~11月2日まで、佐賀県を中心に会派視察に行く予定です。私は「病後児保育」について、特に聞いて参ります。

ところで今日、視察の打ち合わせで旅行会社の方とお話しをしたときに、全国の観光地の現状について色々とご教授いただきました。

その中で、お隣、白老町で実施している「戦略的観光振興推進プロジェクト」について具体的にお聞きすることが出来ました。これは、観光資源プロデュースを目的に、旅行会社が社員を庁舎内に派遣、常駐する事業です。

結果として、食資源を使った観光事業も好評に進んでいます。これは旅行会社からの出向ですので、正確には民間登用ではありませんが、現場員・専門員を行政が活用している実例です。

道内では、最近、函館市で貿易振興を担当する任期付き職員2人を民間登用しました。今後も積極的に民間登用をすすめることを行財政改革に掲げています。

専門職が行政機関内に採用されれば、即戦力になることはもちろんですが市職員全体の能力開発にもつながります。

行政サービスは複雑、高度化していることに加え、職員の削減が質の削減にならないようにするには、民間登用を検討していくことが必要と私は考えています。

国政レベルでは多くの分野で民間登用が行われていますが、地方自治においても民間登用の可能性をもてないのか、今後他市町村の動向を調べようと思います。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック