登別市議会議員 辻󠄀ひろし

観測史上№1

登別の観測史上最大の大雪となりました。みなさんのご自宅も大変だったのではないでしょうか?

登別地区の除雪ボランティア“雪はね隊”も、昨日中に何とかすべてのご自宅を終えることができました。始めてみると意外に出動日数が多く、登別青年会メンバーもサラリーマンが多いので、出勤前の早朝にやらざるを得ないなど、結構苦労は多いですが、やりがいもあるボランティアです。

登別商店街の買い物支援宅配事業「宅ちゃん」の付加サービスも兼ねたボランティアなのですが、除雪依頼の登録が増えるに従って、最近は「宅ちゃん」の利用者数も伸びてきているようです。

有償の福祉サービス(買物支援)と、無償の地域福祉サービス(除雪ボランティア)とを組み合わせた実験的な取り組みですが、相互が利用者ニーズを補完しており、まずまずの手ごたえを感じています。

高齢の母親と視覚障がいの中年者の二人暮らしなど、特に社会保障サービスや訪問支援などを利用していないながらも、見守りや支援が必要な家庭が存在している場面にも多く出会います。これからの春・夏にかけては、除雪・氷割だけでなく、草刈りなどを通じて繋がっていく仕組みも考えなくてはなりませんね。
     
さて、靴下がビシャビシャになりながらも、議会会派での予算審査の勉強会を行いました。質問項目は大体決まりましたが、これからさらに過去の決算審査での答弁などとの整合性を調べたり、現場の意見などを聴取していかなければなりません。

毎年、この時期は忙しくなりますが、日常活動での意見や想いをぶつけられる機会にもなりますので、頭に様々なアイデアが生まれてくる時期でもあります。もし、平成24年度予算や事業などについてご意見がありましたら、ぜひご連絡ください!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック