Entries

登別駅のバリアフリー化

平成24年度の予算審議が始まりました。午前10時~今週金曜日の16日まで続きます。

昨日は特別会計と総務費について。私は8項目質疑しました。
“数やりゃ良いもんじゃないよ!”というお叱りの言葉が聞こえてきそうですが、日ごろのご意見や気づきについて質疑できる貴重な機会でもあるので、しっかり調べた上で提案するように気を付けます。

さて、昨日の質疑の内容をピックアップします。

●幌別駅自由通路耐震補強事業負担金

幌別駅の耐震補強工事にともない、自由通路分の費用負担を市が行う。

登別駅へのエレベーター設置を登別市等から要望している件については、要望活動後、JR北海道職員が来庁し、登別駅バリアフリー化に向けた協議を行った。

国の補助制度が活用できる乗降客3千人には該当しない駅だが、道内主要観光地であることから、JR北海道はバリアフリー化に向けて具体的に検討していく意向。登別市としても、JRと財政負担の在り方について検討するとともに、負担割合等についてJR北海道と協議をすすめていくことが明らかになりました。


●選挙啓発経費

これまでは選挙が行われることを周知する活動しかしていない。今後は、加えて選挙に参画することへの意識啓発活動を強化する。

選挙前後になると、広報車が走ったり、“投票したくなる飴”を配っていますが、飴をなめても投票への動機づけにはなりません。

例えば、20歳前後の学生を中心とした政治家とのワークショップを行い、議会や行政に興味をもっていただけるような企画を実施するなど、政治家と選挙管理委員会が協同した活動もぜひ行うべきと提案しています。




コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/740-1c97fe26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR