Entries

普通学級と特別支援学級

毎年、入学式に出席すると春を感じます。

特に今年は、地元中学生の入学式に感慨深いものがありました。私が市議会議員に初当選して初めて出席した小学校入学式の子ども達が、今年は中学校に入学の年だったからです。

私自身には、あっという間の6年間でも、子ども達は大きく成長してきているのですね。そういえば、ウチの子ども達も4年生になりました(…ちょっと寂しい)。

  

この時期になると同じく、自身の子どもを特別支援学級に在籍させるべきか、普通学級に在籍すべきかを悩むご相談や、周囲の方々からのご意見などをよく聞くようになります。

今年も、自閉症(疑い)の子どもの入学について、ご意見をいただきました。

周囲の方々のご意見の多くは、 「障がい児童(疑いの方含む)が普通学級に進学すれば、学習環境が落ち着かなくなる」と危惧するものです。倫理的・社会的な都合もあって、表立って発言する方は少ないですが、大なり小なり、そのような意見が「普通」のようです。

私は、“障がいのあるなしに関わらず、すべての児童を共生理念に基づいて同じ教育環境におくべき”との考えは、若干乱暴だとも思っています。

しかしながら小学校入学時点で、特に発達障がい児童を特別支援学級へ位置付ける意味合い、もしくは普通学級へ位置付ける意味合いについて、保護者・教職者ともに共通の意見をもてるように話し合える場が必要になってきているのではないでしょうか。

「障がい」について話し合うことを、個人情報の保護を建前に社会的タブーにし、「普通」の感性に、「少数の」感性が押しつぶされつつあるように、感じてなりません。



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/817-cdcbd729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR