Entries

知力

登別さくら坂には沢山の観光客が訪ねてくれています。
「桜」は大好きな花の一つです。私の子どもの名前にも入れました。特に、エゾヤマザクラは風合いが綺麗ですよね。

       
あと3日間ぐらいを過ぎると散り始めるかもしれません。。。ぜひお早目にご覧ください。

さて、最近の自分を振り返るに、、、、、議員職時代の癖なのか、物事を「評価」する視点が強いように感じます。

「評価」とは“物事の良し悪しを見極める行為”です。

議会質問などでも、政策を“評価”することが多く、「もっとこうするべきだ」「市民は○○なサービスを求めている」といった発言を多くしていました。

落ち着いてみると、それらはかなり主観的な視野に陥っていたようです。議会の場においては目立ちませんが、一般社会の中において、その視点はかなり異質です。

本来は「評価」ではなく、「分析」を優先しなければなりません。

「分析」とは“政策の構成の要素を明らかにすること”です。

つまりは、完璧な政策など存在すべくはずもなく、主観をできるだけ省き、客観的に診断することこそが、重視すべき視点になります。

最近、ある方に教えていただいた言葉があります。

『「知識」だけの人間は物事を評価したがる。知識と思考力をもった「知力」ある人間は、物事の分析による本質を発言する。』


いつかは、知力をもってマチの未来を語れる人間になりたいです。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/824-f7ca0961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR