登別市議会議員 辻󠄀ひろし

終戦の日

今日は68回目の終戦の日です。

平和を再認識する日であることはもちろんですが、今日だからこそ、歴史認識や政治的・思想的アピールとは無縁に、今の時代と、これからの時代のあり様を、考えさせられる日です。

「右傾化」という言葉が、よく聞かれるようになりましたが、右傾化=戦争なんでしょうか?私自身も右派・左派とは何かを、理論的に十分に理解できてはいませんので、一つのテーマとして近々調べてみようと思います。

どこの国にも、国のために殉じた方がいます。先人の方々の礎により、私たちは「国」で暮らすことができています。時には思想よりも、感情を大切に過去を振り返ることも必要ではないでしょうか。

私の子ども達が大きくなったら、一緒に映画「蛍の墓」を見ようと考えていました。もう四年生ですから、なにか感じてくれる年になったかもしれませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック