Entries

議員定数削減

全国大学政策フォーラムが今年も登別で行われています。自分自身が大学院生になってみると、また違った視点で参加者の方々の政策提案を見れるようになってきているのを感じます。明日は9時~市民会館で政策発表が行われますので、お時間のある方はご来場ください。

さて、最近の新聞報道等によると、登別市議会で定数削減の議論が本格化してきているようです。現在は私自身が辞職をしたことにより、定数より1減の20名で議会が構成されていますが、このことを根拠に「20名でもやれるんじゃないか?!」とのご意見もあるそうです。

現在の定数に満たない状態での議会運営について、私自身は大変申し訳なく感じており、市民・議会・行政に対しても大変なご負担をおかけしていると考えています。そのような私が定数削減についての持論を発言するのもはばかられますが、一意見としてご了承ください。

仮に定数を減らすにした場合、将来的な検証可能性や合理性から鑑みると、できることなれば現在の1減が定数削減の論拠とならないことを望みます。

これから、現職議会議員のみなさんで定数の在り方を議論されますが、きっと、議会意見だけでなく、市民意見も重視された議論が展開されてくると思います。最終的には市民の常識と、議会の専門性による妥協案が示されてくることが理想ではないでしょうか。私自身も多くの方々から意見を聞いて、現職の方々にお伝えすることができればと思います。

丁度、「自治日報」に浅野史郎氏による“地方議会の定数削減”というコラムが掲載されていました。

少し引用させていただくと・・・
「無能な議員が多い。何の役にも立っていない議員がいる」というのが住民の見方である。ちょっと待って。「無能」というが、具体的にはどんな能力がないということなのか。「役立たず」というが、議員にはどんな役割が期待されているのか。・・・・・

議会・市民・行政が考えるべきことを指摘されたコラムだと思います。

(もし、興味のある方がいらっしゃれば記事の全文をメールでお送りしますので、ご連絡ください。。。)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/832-4c44b1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR