Entries

読書

登別市PTA連合会研究大会に参加してきました。毎年1回行われており、数年前に私も実行委員としてかかわらせていただきました。毎年、著名な講師を招いての講演を行っていますので、参加者をPTAだけで終わらせるのがもったいないですね。

今年は、全国学校図書館協議会スーパーバイザー福田孝子氏によるご講演で、幼児から小中高とそれぞれのステージにおける読書とのかかわり方やススメについての話しをお聴きしました。

講演を聴いていて、私の小学校4年生時の担任が、灰谷健次郎著の「兎の眼」を授業の合間に朗読してくれていたのを思い出しました。

         
その先生は、他にも工藤直子著の「のはらうた」も朗読してくれていました。

当時、小学校中高学年の教師が、本を朗読してくれるのは珍しかったのではないでしょうか。確か、「先生が好きな本を、みんなにも好きになって欲しくて」と言って朗読してくれていました。感情や抑揚を込めて朗読される、その時間が私は大好きでした。この2冊の本は、今でも自宅の本棚にある本になっています。

読書習慣を身につける教育も大切ですが、先生の朗読は、本を好きになる、本からの創造性を表現する教育となって、今でも自分の役に立っているのに気づかされました。


コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/836-0482b893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR