登別市議会議員 辻󠄀ひろし

手話言語条例

鳥取県で「手話言語条例」が可決されました。<リンク>

手話の普及や県民の理解を促進することが目的とされていますが、何よりも手話を「独自の言語体系を有する文化的所産」と定義づけたことに、大きな意義があります。

日常的に手話にふれることのない方にとっては「理解促進」を図る条例としての意味合いが強いと思いますが、なによりも、ろうあの方々にとっては、手話を「言語」と条例で定義づけられた意味合いが、とても大きいと思います。

一昔前まで、手話は「劣る」コミュニケーションとして扱われてきました。理由は、手話の使用は「ろうあ者同士の閉じた世界をつくる」「周囲から奇異な眼をむけられる」などと考えられていたからだそうです。社会で生活するためには、手話を禁止し、口話でのコミュニケーションが必須と考えられていました。

人は誰もが、それぞれの能力を用いて、社会での役割を見出していくとの考えが乏しかった時代なのだと思います。今は、手話を禁止する風潮も少なくなりましたが、それでも、あくまでも特殊なコミュニケーションの「手段」でしかありませんでした。しかし、当事者の方々にとっては、社会生活をする中での「言語」に他なりません。この先駆的な条例の意味合いについて、これから更に全国・国会においても認知されるようにしなければなりません。

決して「大きな声」ではない県民の声を真摯に受け止めて、検討を続けてきたその姿勢にこそ、政治の役割があるように思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック