Entries

共働きの子育て世帯

お餅つきと忘年会の続く師走です。子どもの頃は、終了式にクリスマスにお正月とウキウキの季節でしたが、大人になるとソワソワの季節です。

最近、市民後見人養成研修や介護職員初任者研修などで、続けて講師を務めさせていただける機会に恵まれました。先週は講義準備にも追い込まれていましたが、何とか乗り越えることが出来てほっとしています。

      トンコ講演


なかでも少し変わった経験として、NPO法人モモンガくらぶさん「富岸子育てひろばtonco」<リンク>のスタッフ研修にお呼びいただき、のぼりべつの子ども・子育ての現状と今後について、お話しをさせていただきました。

平成27年度から子ども・子育て支援関連3法に基づく、様々な変更や新たな取り組みが始まります。認定子ども園がもっとも大きな関心ごとですが、加えて、児童クラブや子育て支援拠点事業の拡充など、いわゆる“保育”を取り巻く状況について、変化を求められることになりまそうです。来年度は、それらの政策の具体案を協議する年度になりますので、子育て世代や現場員が行政とともに、登別の子ども・子育てを話し合っていくには、最良の時期ともなります。

登別市では約500万円の委託費を用いて、計画策定に向けたニーズ調査等を始めています。国の法律に基づく事業をあぶりだすことにより、国・道から事業費の獲得をしていくことも大切ですが、ここ登別にとって市民満足度を得られるサービスが何かを見つけることも、大切な1年となりそうです。

     共働きグラフ1     共働きグラフ2

せっかくなので、国勢調査を用いて市内の実情をいくつか調べてみました。私はこれまで、共働きの子育て家庭は増えているものとばかり思っていました。

しかしながら、実際には子どものいる核家族稼働世帯数は減少傾向にあり、子どものいる核家族の中での共働き世帯数は、ここ10年間は同程度の割合で推移しています。つまり、子どものいない世帯を含めれば共働きは増えていても、核家族による「保育に欠ける」共働き世帯は増加しているわけではないようです。

イメージや全国情勢が、そのまま登別の実情とは合致しないことって、たくさんあるのかもしれませんね。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/847-e2265a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR