fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

ご参加ありがとうございました。

のぼりべつ生活支援者勉強会有志で開催した、全2回の「どうなる、どうする生活困窮者支援」について、延べ200名の参加者により、無事に終えることが出来ました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

高齢者や障がい者、児童福祉や地域福祉、民生児童委員など、幅広い分野の方々にご参加いただきました。何よりも嬉しかったのは、登別市や室蘭市行政の生活支援担当員の方々が多くご参加いただけたことです。

     木下講師        櫛部講師

生活困窮者自立支援法も、改正生活保護法も、やはり、行政の政策立案力により活かされていく法律です。これまでの”機関委任事務”からの転換がいよいよ現実味を帯びてきました。

住民関心度が低い分野ながら、常に適正運用を求められる一方で、杓子定規ではおさまりきらない事例の多い分野において、行政の現場担当の方々は本当に苦労されています。

今回の勉強会をきっかけに、民間・行政での役割のあり方について、考える機会が増えることを強く望んでいます。また、同法の準備作業にむけて、おそらく6月か9月ごろに補正予算の組み込みが必要になってきますので、平成26年度予算審議の議論等でも、本勉強会が活用されれば幸いです。

余談ですが、週末からインフルエンザに罹ってしまいました。昨年の内にワクチンはうけていたのですが、それでも罹ってしまうようです。みなさんもお気を付け下さい。。。。。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック