FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

暴力

福祉施設における虐待防止研修に参加してきました。福祉施設での暴力や虐待については、ずいぶんと顕在化されてきましたが、事件化されないものも含めると相当数存在することが推測されます。

児童、高齢者、障がい者虐待・DV・いじめ・体罰・交通事故など、「社会」が存在する以上、様々な場面で暴力や虐待は存在し続けます。様々な法整備や行政・民間の取り組み等で、防止に向けた法整備や加害者への厳罰化を求める意見も多くなってきました。

一方で、その被疑者に対して、共感・同情はするものの「いじめられる側にも問題がある」「暗い夜道を一人で歩いていたのも悪い」「殴らないと解らない」「現場の実情としては(体罰・虐待が)仕方ない部分もある」といった意見も根強くあります。おそらく、倫理上は否定されるようになっても、その内面や本質的課題への取り組みはいまだ不十分なままだからだと思います。差別問題とも近い欠陥がそこに存在していることを感じます。

虐待やいじめ、DV、体罰など様々な暴力問題は、その他の生活課題と相互影響していることも多くあるのですが、行政構造上、なかなか連携が取りづらい課題も抱えています。あくまでもイメージですが、「暴力防止条例」のように包括的な制度整備についての必要性は高く、将来的な提案に向けた準備をすすめたいと思います。

おまけ、、、
研修が行われた苫小牧市民会館。いつも思うのですが、当施設の車止めはみょうに可愛いくて、芸術的です。
苫小牧石像3象?

苫小牧石像2羊?

苫小牧石像1後姿も可愛い?


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック