fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

のぼりべつ世界一大きな絵

NPO法人アース・アイデンティティ・プロジェクトの活動でもある、「世界一大きな絵」について、登別での作画がすべて終わりました。

「世界一大きな絵」は、国際交流などを目的に1996年にスタート。縦1メートル、横5メートルの白い布に自由に絵を描き、されらを全国・世界中の絵と繋ぎ合わせるものです。今回は、サウジアラビア王国と日本の国交樹立60周年に合わせ、来年夏に東京ドームでの展示を目指して活動しています。最終的には世界の子どもたちが描いた絵を50メートル四方につなぎ合わせます。

登別では教育委員会・各小学校や、学校法人 登別立正学園様と、子ども達のご協力により実現しました。ありがとうございます。 

余談にはなりますが、各小学校での作画風景を見ていると、各学校の教育方針や姿勢、子ども達の言動には、それぞれ特徴があることに気づかされます。それは、教員としての姿勢・方針だけでなく、地域の世帯構成や歴史などの特徴による影響もある様子で、これだけ狭い登別市においても色濃く出ていることに驚きました。

    大きな絵幌別小大きな絵登別小



●登別市内で作画した5枚の絵を繋ぎ合わせるボランティアさんを募集します

平成26年11月24日10:30~ 登別観光協会(登別市登別温泉町60番地)3F 

天気がよければ地獄谷前での記念撮影を予定しております。是非ともご協力ください!
※裁縫道具一式のご持参をお願いいたします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック