Entries

公共施設マネジメントのはじまり

北海道大学公共政策大学院の社会人学生による自主研究会主催で、「地方自治体における公共施設マネジメント」講演会を開催しました。<前回記事>

     HOPS登別自主勉強会

衆議院議員選挙の関係もあり、参加者は予定よりも減ってしまいましたが、講師の原田賢一郎教授から公共施設マネジメントに係る基本的考えを整理していただきました。

公共施設マネジメントに限らずですが、市民と行政との意識共有や「協働」を始めるには、何をおいても行政における「情報公開」が大切であると感じます。情報公開をすることにより、様々な意見が市民から殺到する可能性もありますが、意見=コミュニケーションの始まりであると考え、より多く・広く情報公開が図られるよう再検討が必要な時期にあると思います。

例えば、議会に提供される様々な“資料”について、資料作成者である行政がそのままHPへ公開している自治体もあります。登別市においても予算・決算に係る各種説明資料等が公開されると、市民議論の深まり方がずいぶんと違ってくるのではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/900-99399f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR