登別市議会議員 辻󠄀ひろし

20年

阪神・淡路大震災から20年となります。

当時、大阪に在住し、兵庫県の学校に通っていた私にとって、人生の転機となる出来事でした。

阪神・淡路大震災、東北大震災にまだまだ苦しんでいる方々がいる中ではありますが、多くの人間でその出来事を共有して、子ども達に伝えていくこと、次の時代を皆でつくりあげていくことが何よりも大切であると考えます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック