登別市議会議員 辻󠄀ひろし

マカロン

本年度、市役所に入職した方々によるプロジェクトチームの報告会をお聴きする機会がありました。
      市職若手プロジェクトチーム
新年度に入ってすぐ、市長の発案で「登別を代表するスイーツを完成せよ!」とのプロジェクトを指示されたそうです。実際には模擬的要素が強い印象ですが、温泉街を歩いたり、市内菓子店に意見を聴きにいったり、既存の調査データを調べたりと、様々な調査活動を踏まえて提言されていました。

プロジェクト自体がザックリしているので、当事者の新入職員さん達もご苦労したようですが、1年間もの間、同じメンバーでアレコレと話し合う機会があったことは、きっとこれからの仕事に活きてくるでしょうね。今回の報告会の場も、市民との交流・人脈形成の一助となったのではないでしょうか。

報告会を受けた商工会議所青年部としては、これまでにも「食」をテーマとした地域産業の掘り起しを検討してきただけに、ぜひ具体的に実現して欲しいとの想いがあります。ご提案の“マカロン”、市役所若手プロデュースの形でも良いので、ぜひ実現にむけて次年度も続けてくれると嬉しい活動です。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック