登別市議会議員 辻󠄀ひろし

ご勇退議員の一般質問

今期で勇退される市議会議員の諸先輩方による一般質問が終わりました。

一般質問とは、議員個々が直接、市長や執行部に行政執行の指摘や、政策提案をする場です。委員会などと較べて、議員一人ひとりの活動や政策課題への意識が顕著に現れる場です。特に登別市では、条例にもとづく「一問一答」「反問権」「パソコン、モニター、パワーポイント等の使用」など、自由討議ができる体制が道内トップクラスで整備されています。

教育、社会福祉、経済、地方自治等々、各々の議員にはもっとも得意とする分野や、視点があり、一般質問はその「色」が顕著に見えます。そのような一般質問の場は、私が新人議員の時から勉強の場にもなっていました。議会を離れている間も、時々傍聴させていただいたり、ネット中継を毎回拝見していました。<議会中継リンク>

来週からは予算委員会も始まり、まだ議員としての仕事が残っているものの、勇退議員の方々にとっては議員生活を総括する場でもあり、感慨深く登壇されたものと推察いたします。すべての方から、その想いと真心が伝わり、市職員の方々からも真摯な姿勢を感じました。

勇退議員お一人おひとりに、私自身にとっての思い出や感謝があります。議会議論の場や選挙活動の場において、白熱することも多々ありましたが、それも互いに真剣であればこそであり、これまで自己犠牲のもとで登別市に貢献されてきたその仕事はまぎれもなく尊く、未来の子どもたちにも受け継がれていくものです。

本当にお疲れ様でございました。これからも、マチづくりへのご指導をお願いいたします。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック