FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

美乃素物語

地元飲食店店長さんと、漁業関係者、加工業者が協力しての新登別ブランド「美乃素物語」の本格販売が始まりました。
美乃素物語 美乃素鉄火丼

これまで、漁師さんの厄介者とされてきたビノスガイが商品化されたのは道内・全国初です。船舶のバラスト水に混ざって外来種として東京湾近郊を中心に生息するようになった〝ホンビノスガイ"と間違えられることもありますが、〝ビノスガイ"自体は北海道における縄文時代の遺跡から貝が出土されるなど、古くから生息・親しまれてきた貝です。特にタウリンの含有量が豊富で、疲労回復・アンチエイジングの効果が期待されています。

しかしながら、北寄貝の漁が中心の中で、混合するビノスガイは厄介者とされ、市場で価格もつかないため水揚げされることもありませんでした。その現状に疑問をもった、漁業関係者若手の発案により、約二年間かけて商品化へこぎつけました。私自身も予想していなかった効果ですが、二次加工・商品化されたことにより、市場にて初めて価格がついての取引が始まることになりました。これにより、登別漁港で水揚げされたビノスガイが、羅臼の加工業者さんでも販売されることになっています。

商品自体は流通経路の確保、コスト削減など、まだまだクオリティーを上げなくてはならない課題も多くありますが、なによりも行政主導でなく、民間力で地元産品に新たな価値創生を実現するまでこぎつけた努力には驚きです。本件に関わった方の多くが、何かを「依頼」されたり「陳情」されることを待つ受け身ではなく、自分自身の立場や役割、得意分野を自ら考え「行動」したことの結果だと思います。

「協働のまちづくり」のフレーズが出てきて長年経過しますが、以前は民間の自発的行動を促す意味合いが強かったようです。しかしながら、私自身は昨今の様々な動きをみるに、「民力」よりも「官力」が問われる場面が増えてきているように感じています。ビノスガイ販売ような事例を、各種公的機関が自らのアンテナでキャッチし、必要な取組と判断すれば、積極的に関わり、その得意とする役割を自ら考え行動できるかも、将来の産業振興には不可欠な要素ではないでしょうか。


ちなみに、平成27年3月22日(日)11:30~TVHの「けいざいナビ」で今回のビノスガイの取組が特集されます。ぜひともご覧ください。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック