Entries

地方創生等調査特別委員会@登別市議会

登別市議会では、先月より「地方創生等調査特別委員会」を立ち上げ、国の地方創生総合戦略を中心とした、当市とのかかわりについて調査を行っています。ブログでご報告をしていませんでしたが、私も同委員会の副委員長としての職務をいただいていおります。

現状、今のところは所属委員同士で国が示す各種資料や総合戦略・ビジョン等を読み合わせ、意見交換を通じて内容理解を図っている段階です。

「地方創生」って最近よく聞きますが、そもそも市民の方々には興味をもっていただきづらいのが現状です。

かなり、ざっくり言えば、人口減少問題を中心とした各種対応政策を自治体独自で協議立案し、「人口ビジョン」と「地方版総合戦略」の策定を各地方自治体が行います。そして、その内容と国が示す政策パッケージを組み合わせることで、地方自治体は国から新たな財源を確保できるというものです。

これまで「バラマキ」と批判されがちな国直轄型交付金に対して、それ相応の効果検証性を求めてきている点においては、有意性を感じます。その分、地方自治体は地域の現状に応じ、かつ、市民の「デマンド(要求)」ではなく「ニーズ(必要)」を理解した政策を立案できるか、力量が試されることにもなります。

ちなみに、登別市では市総合計画第3期基本計画策定のために組織された、市民検討委員会をそのまま、地域総合戦略策定のための市民検討委員会としています。

この地方版総合戦略を本年10月30日までに策定することが出来た場合、約1千万円と、3~5千万円の交付金を上乗せで申請することが出来るため、登別市としても期限までの策定をめざしています。

策定までのロードマップ→
   H27総合戦略ロードマップ1     H27総合戦略ロードマップ2
市の重点的取組は、
①子どもを生み育てやすいまちへ
②安心して老いを迎えることができるまちへ
③各産業が元気に展開されるまちへ

登別市の特色として、
①観光地としての魅力づくり
を掲げており、これらを軸に、策定作業がすすめられています。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/972-e6342952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR