Entries

820万円

ご報告が少し遅れてしまいましたが、平成26年度の決算審査が終了し、すべて賛成多数で議会承認されました。決算の大きな枠組みについては、登別市広報誌11月号に分かりやすく掲載されますので、ぜひご覧ください。

最終日に質疑した内容をいくつかご報告いたします。

●教育諸費 スクールバス運営経費
登別市では、幌別小学校・中学校(札内地区住民)、登別小学校(登別温泉地区住民)通学児童・生徒に対して、スクールバスを運行しています。当然ながら、市内のどこに居住してても通学環境は保障されるべきですし、特に、学校統廃合の影響に対して、必要な措置であると考えています。

しかしながら、両地区共に子どもの人口は減少し、バスの運行経費は値上がりをする中で、一人あたりのコストは年間数十万円~数百万円にもなっており、適宜効率化を行うべきと提案。次年度より、札内地区においてはバスからタクシー利用に切り替えられることとなりました。

●地方交付税の減額について(職員給与減額未実施による影響)
前年度比較で約2億4千万円減額となった要因について質疑。大きな要因は、地方交付税で補てんされる市の借金返済が終了したことや、消費税増税による影響等であることが明らかになりました。

また、平成25年に国家公務員給与削減と合わせて、地方公共団体にも給与削減が求められましたが、その際に、削減を行わない自治体にペナルティーとして地方交付税が減額されるとの話しがありました。実際に決算後の影響を質したところ、約820万円の”加算”が交付されなかったことが分かりました。私としては、市職員の労働環境はもちろん、地方交付税の本旨が守られたことからも、当時の職員給与削減未実施の判断は適当であったと考えています。


先日、第2回NOBOZAIが無事に終了いたしました。土曜日にもかかわらず、市職員や市民の方々にも引き続きご参加くださり、ありがとうございました。次回は11月28日(土)15:30~となっております。終了後は講師・会員の方々との交流会も企画しておりますので、ぜひご参加ください。

第2回NOBOZAI 2 第2回NOBOZAI1

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/998-a6fd6428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR