FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

どんど焼き×刈田神社

無病息災、疫病退散を祈念して、しめ縄や古札のお焚き上げが行われました。

次回は小正月の1月15日(金)10:00〜行われます。お待ちこみは当日の6時〜16時までとなっております。

      IMG_0756.jpg

【持ち込めるもの🙆‍♂️】
しめ縄、門松、榊、神社のお札、お守り、破魔矢、熊手、ほか刈田神社から出たもの。

【持ち込めないもの🙅‍♂️】
鏡餅、鏡餅の容器や箱、人形、だるま、年賀状、写真、結納品、お寺のもの、食べ物、神棚、ほか日用品
.
しめ縄、お正月飾りは、火災予防や保管場所の都合上、当日以外は持ち込めません。なお、刈田神社から出たお札やお守りや縁起物はいつでもお預かりしているそうです。

捨てづらいものは、塩で清めて紙に包み、一般ごみと別の袋に入れて処分しましょう。分別へのご協力をお願いいたします🔥

2021

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

私の年始は恒例の手振りと、街頭演説で始まりました。例年とくらべて車の往来も少ない印象で、皆さん自宅で過ごされていたことと思います。
      IMG_0709.jpg

さて、新年度に向けて、まずは切れ目のない経済対策が求められますが、同時に非正規雇用の方を中心に雇用情勢が急激に悪化してくることも予想されています。なかなか社会に声をあげられない方々の代弁者としても、3月の新年度予算や、これから追加で国から交付されるコロナ対策費約2億円の使い道について、議論を本格化させてまいります。

2020→2021

皆様のお支えのもと、一年を無事に終えようとしています。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大により、市民生活や経済活動に大きな影響を受けた年でした。今なお、感染拡大は続いており、療養中の方、事業所経営や就労に苦しむ方方々がたくさんいらっしゃいます。

私自身も感染拡大を防止すべく、自粛しなければならない活動が多い中での一年でしたが、このような時だからこそ皆さんのご意見や想いを聞き取り、行政や議会の場や市民活動として出来ることはないかを模索し続けてきました。その中で、飲食店応援クラウドファンディングや、カーシアターを含めた一連の「Be Smile」事業、社会活動人材のネットワーク活動など、新しい取り組みがうまれてきました。

これらの活動は、このような状況下の活動だからこそ、行政や市民の協働とは何か、その輪郭がはっきりと見えた活動でもあったようにも思います。

私はこれまで、市内外の様々なイベントや懇親会などに積極的に参加してきました。その理由は単にまちづくりということだけではなく、そのような場だからこそ、市民の率直な声を得られるからです。それらの活動を通じて得た、信頼や人脈やアイデアを、最終的には議員として行政や市民活動にフィードバックすることで、自身の活動に価値を持たせてきました。

それが、行事や懇親会、研修会などが軒並みなくなり、新しい人脈づくりや様々なご意見・アイデアをいただく場がほとんどなくなってしまいました。これから議会議員として市民皆様のお声にどのように耳を傾けていけばよいのか、人材や信頼のストックが浪費されていくのではないかと、不安も感じています。

しかしながら、様々な協働活動を通じてみえてきた、皆さんの「誰かのために」行動する想いは純粋で、まちがいなく次世代につながるものであったと思います。この純粋さは何よりも大切なものであると気づかされた一年でした。

来年は、まずは長期化している経済情勢に対応することを優先しつつ、ポストコロナに向けた人材育成や市民の「声」をきく場面の開拓に力を入れていきたいと考えています。

今年1年、多くの方々のお支えに心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。
IMG_9304.jpg IMG_9497.jpg 20200109104623169_0002.jpg


20200109104623169_0001.jpg IMG_5964.jpg IMG_7120.jpg

コメント 2020-04-20 101942 IMG_8588.jpg IMG_8531.jpg

IMG_8381.jpg IMG_8511.jpg IMG_8300.jpg

IMG_0022.jpg fc2blog_20201217073921113.jpg 462.jpg

s-IMG_8814.jpg s-IMG_8703.jpg

s-IMG_8504.jpg s-IMG_8379.jpg s-IMG_9307.jpg


s-IMG_8097.jpg s-IMG_7790.jpg s-IMG_7608.jpg


s-IMG_0595.jpg s-IMG_6361.jpg s-IMG_0435.jpg

s-IMG_0021.jpg s-IMG_0230.jpg s-IMG_0204.jpg

Localize Network

コロナウィルス前はイベントなどで顔と顔を突き合わせながらヒトがつながり、信頼がつくられていましたが、withコロナに向けては意識的にヒトの繋がりをつくる仕掛けが必要です。

今のままでは、これまでの繋がりと信頼のストックが浪費されてしまうのではと危機を感じています。

      462.jpg

といった想いで、今月も登別室蘭のおもしろい方に集まっていただき開催しました。今後、マスコミ関係者による対談や、市外のクリエイターの方によるリモート講演などの学習の場も設定していきたいと考えています。

余談ですが、先日の私の議会質問について、「Wi-Fiつけろってことが、辻の趣旨じゃない」って理解してくれている参加者の方がいて嬉しかったです。

給食費未納から見えるサイン

登別市ではこれまで、各学校で給食費を集めていましたが、来春からは市が直接、銀行引き落とし等で集めることになりました。

       画像 2298

年間を10期に分割し、7つの金融機関での引落が可能です。未納となってしまった場合は別途振込用紙を自宅に郵送しますので、コンビニ払いやQRコードを用いたキャッシュレス決済でお支払いいただくことになります。

これまでは、未納の方への折衝などは各学校の先生がご家庭にはたらきかけていましたが、これからは市職員が直接はたらきかけることになります。今後は基本的に生徒の給食費の支払い状況が各学校に共有されることはありません。

これにより、各学校の教員の負担は軽減することになりますが、一方で懸念されるのは、各家庭における貧困状況などのサインを見逃す恐れが高くなってしまうことです。

もちろん、家庭での生活状況を把握するサインは給食費の支払いに限りませんが、市職員には、単純に「給食費の支払い事務」と考えるのではなく、家庭状況の変化を把握していく一つのサインでもあることを意識して、より一層学校との協力を密にするよう提案しています。